Skypeを狙うIMワーム--ICQ、MSN Messengerのオンラインコンタクトにも感染広げる

文:Robert Vamosi(Special to CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2007年05月24日 12時13分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 人気のVoIPサービスである「Skype」を対象としたワームの亜種がまた出現した。これまでも、「Skype」のIMアプリケーションに悪質なリンクを含んだメッセージが送り付けるワームが出回り、Skypeは対応に追われてきた。

 MSN MessengerやYahoo Messengerによって感染を広げるワームと同じく、Skypeを標的としたワームも、「Give me your opinion(意見を聞かせてください)」などのメッセージと悪質なリンクが書かれたメッセージをユーザーに送りつけるものだった。リンクをクリックすると、Warezov/Strationといったトロイの木馬など、悪質なファイルがPCにインストールされてしまう。Strationに感染すると、攻撃者にPCを遠隔操作されてしまうことが知られている。

 Facetime Security Labsのマルウェア研究担当ディレクターであるChris Boyd氏はこのたび、Skypeだけでなく、ICQやMSN Messenger、AIM、Trillian、Yahoo Messengerにも感染を広げようとするSkypeワームの新しい亜種を発見した。Boyd氏は、インターネットに投稿されたSkypeワームのコードを調査するうち、ほかのIMサービスへの登録も探しだすファイルを発見した。YahooやMSNを使った攻撃は特に目新しくないが、ほかのサービスをも標的に含めるIMワームはまだ多くない。Skypeのユーザーが悪質なリンクをクリックしてしまった場合、ほかのIMサービスのコンタクトリストに登録された人にまで影響が及ぶ可能性がある。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!