日立、UNIXサーバ「EP8000」にPOWER6搭載のミッドレンジモデルを追加

CNET Japan Staff 2007年05月24日 19時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日立製作所は5月23日、同社のUNIXサーバ「EP8000」シリーズに新プロセッサのPOWER6を搭載し、処理性能を大幅に強化したミッドレンジモデルの「EP8000 570」POWER6搭載モデルを追加すると発表した。価格は1942万6785円から。6月29日に出荷する。

 POWER6プロセッサでは、現行のPOWER5+プロセッサの2倍以上(最大4.7GHz)に動作周波数を高められた。また、命令の並列処理効率の向上、キャッシュメモリ系アーキテクチャの改善なども図られている。現行モデルに比べてトランザクション処理性能が最大約1.6倍向上したという。

 機能面は、現行モデルのメリットがそのまま引き継がれており、ミッションクリティカル環境に耐えられる製品として提供される。

 形状はラックマウント型。プロセッサを最大16まで搭載でき、メモリは4G〜768Gバイト。拡張PCIスロット数は最大212。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから