日立、Linuxベースの外為輸出入業務処理システムを構築--三菱東京UFJ銀行に提供

ニューズフロント 2007年05月25日 15時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日立製作所は5月25日、三菱東京UFJ銀行の外国為替向け輸出入業務処理システム「外為分散システム(Trilogy)」を構築したと発表した。

 同システムは、それまでホストコンピュータ上で稼働していた外国為替の輸出入業務用センター系システムを、Linuxベースのオープンプラットフォームに移植し、コンポーネント型の分散系システムとして再構築したもの。その際、日立は金融業務向けソリューション「NEXTCAP」を使用した。

 新システムを構築したことで、事務処理システムの集中化、ワークフロー適用、ペーパレス化、Javaアプリケーション導入などが実現し、業務プロセスの効率化を推進できるという。

 外為分散システム(Trilogy)の構築は2005年4月に着手し、2007年2月に本システムの試行、4月20日に主要営業拠点での本格運用を開始した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ホワイトペーパー

SpecialPR