Ajax+JSFのTrinidadがApache MyFacesの正式プロジェクトに

大野晋一(編集部) 2007年05月25日 15時50分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Ajax機能付きのJSFコンポーネントを開発する「Trinidad」プロジェクトがApache Incubatorプロセスを卒業、正式に「Apache MyFaces」プロジェクトの一員となった。OracleからのADF Faces寄贈を受けてプロジェクトが発足してから約1年、無事に卒業となった。既にウェブサイトも公開されている

 5月に米国で開催された「2007 JavaOne Conference」においてOracleはOracle ADF Faces Rich Clientをプレビューしている。ADF Facesはこの「先祖」にあたるもの。また、Oracle ADF Faces Rich ClientもTrinidadの成果を取り入れている。JavaOneではOracle ADF Faces Rich ClientについてもApache Software Foundationへ寄贈する計画がアナウンスされている。

 OracleのJSF Expert Groupに所属するAdam Winer氏が自身のブログへの投稿で1年間に起こったことを振り返っている(ちなみに、このひとつ前の投稿は1年前、Apacheへのソースコードコミットだ……)。最初に挙げられているのが、デベロッパの増加。また、新しいコンポーネントの追加やJSF 1.2使用の実装にも触れられている。

 Oracleは基盤テクノロジとアプリケーション両方の事業でWeb 2.0をひとつの柱としている。Oracle ADF Faces Rich Clientはそのベースとなるテクノロジで、JSFのAjax対応コンポーネント集だ。マッシュアップフレームワークのWeb Center SuiteやERPのE-Business Suiteにもこの技術が使用されている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから