住商情報とSAPジャパン、ERP導入サービス支援強化に向け共同事業計画を策定

ニューズフロント 2007年05月28日 19時57分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 住商情報システムとSAPジャパンは、ERPシステムなどの導入サービス支援強化が目的の戦略的共同事業計画を策定し、合意に至った。両社が5月28日に明らかにしたもの。

 両社は、重点協業分野として(1)ビジネスプロセスプラットフォームを実現するSAP NetWeaverの推進、(2)コンプライアンス関連(Governance Risk Compliance:GRC)ソリューションの推進、(3)マスタデータ管理(MDM)製品の導入サービス強化」――を挙げ、協業体制を強化する。特に、マーケティング、プリセールス、共同プロジェクト推進から導入完了後のアップグレード支援サービスの提供など、長期的かつ継続的な支援サービスの構築/提供を計画に含むという。

 また、 自動車産業を始めとする製造業、消費財、小売/流通業、金融業を重点業界と位置付け、新規顧客開拓、サービス体制の拡充などで協力していく。具体的には、これまで分散していたSAP関連リソースを統合し、約350人の専任部隊を設立する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから