日本HP、中小向け統合ストレージを拡充--ラック型やSAS搭載の大容量モデル

ニューズフロント 2007年05月28日 20時10分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本ヒューレット・パッカード(日本HP)は5月28日、中小企業向けネットワークストレージ製品「All-in-One Storage System(AiO)」シリーズを拡充した。容量が最大9テラバイトのラック型モデルと、容量1.8テラバイトのタワー型で、Serial Attached SCSIインターフェース(SAS)を搭載したモデルを販売する。

 AiOは、すでにNetwork Attached Storage(NAS)製品を導入する中小企業の移行需要に向けたシリーズ。SANストレージ、ファイル共有、バックアップの機能を統合しており、運用の容易さを特徴としている。

 新たなラック型モデルは、2Uラックに12本のディスクを搭載する。SATA採用の2モデル(3テラバイト/9テラバイト)とSAS搭載の2モデル(1.7テラバイト/3.6テラバイト)、合計4モデルを用意する。

 タワー型のSAS搭載モデルは従来製品に比べ、容量を約2倍に拡大した。このほかラック型、タワー型とも、サーバ間のデータ複製を可能にするソフトウェア「HP StorageWorks Storage Mirroring」に対応した。災害対策や事業継続などの用途を見込む。価格はラック型が113万4000円から、タワー型が157万5000円。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!