コニカミノルタ、非接触ICカード使用の複合機システム「bizmic PrintServer」

CNET Japan Staff 2007年05月29日 09時32分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 コニカミノルタビジネステクノロジーズはこのほど、非接触ICカードを使用した複合機システム「bizmic PrintServer(ビズミック/プリントサーバ)」の出荷を開始した。

 bizmic PrintServerは、出力先の複合機の選択や、使用履歴や使用機能の管理を可能にし、複合機の効率的な活用を図るシステム。クライアントPCから印刷指示した後に、紙を出力したい複合機を選択できる「ユビキタスプリント機能」や、プリント/コピー/ファクス/スキャン機能を使用した履歴を管理する「ログ管理機能」、ユーザーごとに機能制限や使用上限枚数を制限できる「ユーザ管理機能」を搭載する。

 ユビキタスプリント機能を使用することで、クライアントPCから印刷指示した後にオフィスに設置してあるbizmic PrintServerに接続された複合機を自由に選択しプリントアウトが可能となる。これにより、他の人が複合機を使用中の場合は別の複合機から出力したり、出張前に印刷指示をしておいて出張先の複合機で出力したりすることができ、オフィスユーザーの生産性を大きく向上させることができるようになる。

 またログ管理機能を使用すれば、システムに対してのアクセス情報や、ユーザーがプリントやコピーを行った場合に使用した枚数やファイル名/印刷設定などのジョブ情報、複合機の稼動情報をサーバで一元的に管理できることから、管理者の管理工数を削減することができる。

 ユーザ管理機能では、プリントやコピーで使用できる枚数の上限を設定しコスト削減を図るとともに、コピー/スキャン/ファクス/プリント機能を必要性に応じてユーザーごとに使用制限することで情報資源の流出を抑制することができる。

 税別価格は、bizmic PrintServerソフトウェアが1サーバあたり60万円。複合機と接続して使用するタッチパネルが22万円、サイドPCが35万円となっている。

 当初は、東京、大阪、名古屋地区で販売する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから