図研ネットウエイブ、カナダ企業製コンテンツ検査エンジンを国内出荷

CNET Japan Staff 2007年05月29日 10時11分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 図研ネットウエイブは5月28日、同社が一次代理店を務めるカナダのWedge Networks製高速コンテンツ検査エンジン「Subsonicスキャン・エンジン」の日本市場における販売を開始した。

 Subsonicスキャン・エンジンは、ネットワークベースのコンテンツインスペクション(Network Based Content Inspection:NBCI)により、ネットワークにおけるアンチスパムとアンチウイルスのスキャン性能を向上させてくれる。現行の分析と過去セッションの結果を関連付けることで、効率的で高精度なNBCIスキャン・セッションを可能にするという。

 また、ペイロード検査の「スループット上のボトルネック」を取り除くことで、広く普及しているソフトウェアの新リリース、デジタル画像、ビデオあるいはその他の圧縮コンテンツがリリースされた際の、大量の一時的コンテンツのアップロードおよびダウンロードによる影響を軽減することができる。

 Subsonicスキャン・エンジンは、セキュリティアプライアンス「BeSecure」に搭載され、企業・プロバイダ向けに図研ネットウエイブから販売される。価格は280万円から。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから