ソフトバンク、SOX法対応強化でオープンペイジズの財務統制管理ソフトを採用

CNET Japan Staff 2007年05月29日 09時01分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 オープンペイジズは5月28日、ソフトバンクが日本版SOX法のコンプライアンス管理強化へ向けて、財務統制の構築を支援する同社のソフトウェア「OpenPages FCM」を採用したことを発表した。

 ソフトバンクは、財務報告の有効性を検証・可視化できるソリューションを求めており、同製品が作業および管理工数を大幅に削減できると見込んで採用を決めた。

 OpenPages FCMのリアルタイムなダッシュボードは、プロジェクトマネジャー、文書化チームのメンバー、社内外の監査人がアクセスできる対話型のもので、設計、文書化、全社的な内部統制フレームワークのテスト、および財務報告の管理を一元的に実施できるという。

 またOpenPages FCMは、文書化管理、ビジネスプロセス管理、柔軟な報告機能を使いやすいIT環境において統合できるため、企業にとって財務統制の文書化が促進されて、統制テストや問題点の改善が自動化されるなどのメリットがあると説明している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!