アバイア、会社の全部または一部の売却を検討か--米報道

尾本香里(編集部) 2007年05月29日 13時33分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 通信機器メーカーのAvayaが、会社の全部または一部の売却を検討しており、プライベートエクイティーやストラテジックバイヤーたちと交渉中であると、The Wall Street Journal(WSJ)が米国時間5月28日、関係筋の話として報じている。

 交渉中のプライベートエクイティーとしてWSJではSilver Lake Partnersの名を挙げている。また、過去にはAvayaがNortel Networksなどの企業とも接触したことがあり、条件が折り合わずに交渉が一時決裂したこと、そしてNortelとは今も接触中であることも、伝えられている。

 Avayaは25日、31日に開催予定だったアナリストミーティングの延期を発表しており、新たな開催予定日も延期理由も明らかにされていない。米国では、このことがこのうわさに拍車をかけているようだ。

 Avayaは、ベル研究所を有する通信機器メーカーLucent Technologiesから2000年にスピンオフした企業(Lucentはその後の2006年、Alcatelと合併している)。ベル研究所が取得したスピンオフ前の1600の特許が現在Avayaの製品に生かされている。同社は企業向けコミュニケーションソフトウェアやシステム、サービスのインテグレーション、設計製造販売も行っており、特にIPテレフォニー、コンタクトセンター分野を強みとしている。

 Avayaはドットコムバブル崩壊後の不振にあえいだが、2006年の通期決算では、売り上げ51億4800万ドル、純利益2億100万ドルを計上している。WSJでは、Avayaの時価総額を61億8000万ドルとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!