スタジオソリューションズ、ゲーム開発に特化したバグトラッキングシステム「TestingStudio Ver.2.0」をリリース開始

小川陽平 2007年05月29日 23時31分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 スタジオソリューションズは、ゲーム開発に特化した、バグトラッキングシステム「TestingStudio Ver.2.0」を、ウェブテクノロジを通じて2007年5月30日より発売する。

 "TestingStudio"は、ゲーム開発の最終段階であるQA(最終デバッグ)を効率的に行うことができるバグトラッキングシステム。
 今回、Ver1.0で寄せられたユーザーからの要望を元に、使いやすさの向上を中心として機能追加やユーザーインターフェースの向上が図られている。
 また、ゲーム開発のデバッグ工程管理ツールとして必要な機能を網羅しているのはもちろん、開発現場ごとに対応することができる高いカスタマイズ性も維持されている。

 「TestingStudio Ver.2.0」は、Game Tools & Middleware Forum 2007(5月30日:大阪会館、6月1日:ベルサール神田)のウェブテクノロジ・出展ブースにて、ミニセミナーとデモンストレーションを実施する。

TestingStudio 2.0での新機能・改善された機能など、詳細についてはこちら

試験運用について

 「TestingStudio Ver2.0」は、30日間無償で試験運用が可能となっている。
 また、サーバーにインストールして試用する形だけではなく、ウェブテクノロジにて設置されたサーバーに、ユーザーとしてログインして試用することも可能(ただし、この場合には一部制限あり)。
試験運用の申し込みは、こちら

【TestingStudio Ver2.0】

発売日:2007年 5月30日(水)

サーバー側

対応OS
日本語版 Windows Server 2003 SP1 / R2(64bit版には非対応)
追加ソフトウェア
Microsoft SQL Server 2005
Microsoft .NET Framework 2.0
Internet Information Server(IIS) 6.0
CPU
Intel Pentium 4 2GHz 以上
または相当のx86互換プロセッサ
ハードディスク
空き容量 50MB以上 (インストールに必要な最小容量)
データベース領域として2GB(最小)
搭載メモリ
56MB 以上
グラフィックス
800×600ドット以上

クライアント側

対応OS
日本語版 Windows XP SP2 / 2000 SP4
追加ソフトウェア
IE 5.0 以降
Microsoft .NET Framework 2.0
CPU
Intel Pentium III 600MHz 以上
ハードディスク
本体プログラム・データともにサーバーより自動的に取得するため、インストール領域は不要
搭載メモリ
256MB以上
グラフィックス
1024×768ドット以上
ネットワーク
インターネットを経由して外部からサーバーに接続する場合は、HTTPSの使用を推奨


製品ホームページ
http://www.webtech.co.jp/tstudio/index.html
機能解説
http://www.webtech.co.jp/tstudio/features.html

ウェブテクノロジ・コム
http://www.webtech.co.jp/
スタジオソリューションズ
http://www.studiosolutionsltd.com

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR