viまでもSaaS?--viのJavaScript実装が登場

大野晋一(編集部) 2007年05月30日 17時52分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 viから離れられない方、いらっしゃいますか?―職場のWindowsでテキストエディタをインストールさせてもらえずに悩んでいるUNIXユーザには朗報かもしれない。viをSoftware as a Serviceで提供するためのお膳立て、JavaScriptによるviクローンが登場した。

 このviクローンはInternet Connectionが公開したもの。Ineternet ExplorerやFirefox、Safariといったブラウザ上でvi同様のエディタを実行可能だ。すでにデモページも公開されている。

 "jklh"のキーによるカーソル移動はもちろん、":"キーに続いて入力できるed/exコマンドもほとんどがサポートされている。さらにVISUAL/VISUAL-LINEモードなどvimの機能も一部ではあるがサポートされる。

 また、ローカルPCとのコピー/ペースト、スペルチェッカー、斜体などHTMLによるスタイル付けといった機能も備える。

 コードも公開されているものの、現在のところ再配布が許されておらず、自分のウェブサイトで使用するといったことはできない。ただ、ライセンスに関しては将来的に変更されるかもしれないとのこと。

vimのクローンじゃないことが残念?viが使えるだけでもよしとしないと。

VIJS 意味があるかどうかは置いておいて…… ビル・ジョイもびっくり?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!