東陽テクニカ、相互運用性ソフト「Likewise Identity」の新版3.1を発表

CNET Japan Staff 2007年05月30日 12時56分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 東陽テクニカは5月29日、米Centeris(セントリス)製の相互運用性ソフトウェア「Likewise Management Suite」の中核モジュール「Centeris Likewise Identity」の新版3.1を6月4日から出荷すると発表した。

 新版では、これまで対応してきたOSに加え、新旧バージョンのOS7種類に対応。グループポリシーの機能追加、認証機能の改善なども行われている。

 Centeris Likewise Identity は、企業で利用されているLinux/Unixの利用権限をActive Directoryに統合し、一元的な管理を実現するというもの。

 価格は、Centeris Likewise Management Suiteとして6万円。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
運用管理

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!