米アドビ、ウェブアプリサーバColdFusion 8パブリックベータ版公開

浅賀美東江 2007年06月04日 07時23分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米Adobeはこのほど、ウェブアプリケーションサーバ「Adobe ColdFusion(コールドフュージョン) 8」のパブリックベータ版の公開を開始した。

 ColdFusion 8は、デベロッパーがウェブサイトやインターネットアプリケーションを構築するための、ウェブアプリケーションサーバ。Adobe FlexとAjaxベースのコンポーネントの利用が可能で、さらにAdobe PDF文書やフォームと連携することもできる。

 開発環境には、Eclipseベースによるウィザードとデバッグ機能を採用。サーバモニタリング機能によって、問題点を素早く特定し、パフォーマンスを向上させることができるとしている。また、.NETアセンブリとの連携や、Windows Vistaへの対応、JBossやJ2EEサーバにも対応しており、さまざまなプラットフォーム環境やシステムと統合することが可能となっている。なお、パブリックベータ版は、プレビュー版としてColdFusion 8のすべての機能を搭載している。

 ColdFusion 8パブリックベータ版はAdobe Labs、またはアドビのホスティングパートナーであるhetemlおよびフューチャリズムワークスより、無償でダウンロードできる。

 また、デベロッパーコミュニティのJapan ColdFusion User Group(JCFUG)、および販売パートナーのサムライズは、ColdFusion 8パブリックベータ版を評価する、デベロッパーの情報交換のためのフォーラムを開設した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR