富士通、ミッションクリティカルシステム専門の子会社を設立

ニューズフロント 2007年06月01日 18時12分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 富士通は6月1日、ミッションクリティカル(MC)システムに対する事業強化活動の一環として、同分野に関する技術やノウハウを集約し、新会社「富士通ミッションクリティカルシステムズ」を設立した。

 新会社は、富士通グループにおけるMCシステム事業の中核となる。富士通のサーバやストレージ、ミドルウェアなどのプラットフォーム製品と、新会社のMC基盤ソフト開発/提供、システム構築、運用/保守サービスを組み合わせ、総合的なMCソリューションを提供していく。

 新会社では、システム構築プロジェクトに「セル生産方式マネジメント」を採用する。プロジェクトごとに専門の開発チームを立ち上げるのではなく、データベース設計やネットワークなどの機能単位に専門化したメンバーで構成する小集団(セル)を組み合わせて開発を進める。

 この方式のメリットについて、富士通では「高い専門性を備えた各分野のエキスパートがスキルとテンプレートをいかしながら協力し、柔軟かつ効率的にプロジェクトを推進することにより、高信頼、高性能で大規模かつ複雑なシステムを短期間で構築できる」としている。

 新会社の資本金は2億円で、富士通が全額出資している。従業員数は約350名となる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!