日立、コンテンツアーカイブ向けストレージアプライアンスを発表

CNET Japan Staff 2007年06月01日 18時23分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日立製作所はこのほど、コンテンツアーカイブに適したストレージアプライアンス「Hitachi Content Archive Platform(HCAP)」を発表した。

 同製品は、メールや契約書、公的文書、図面などのコンテンツ保管に最適化されたアプライアンス。統合ストレージソリューションコンセプト「Services Oriented Storage Solutions」の第2弾として製品化された。

 日立ディスクアレイサブシステムの技術と、日立の100%子会社である米日立データシステムズコーポレーションが買収した米アーカイバスのコンテンツアーカイブ管理ソフトウェア技術を組み合わせて開発され、コンテンツアーカイブ管理ソフトウェアとハードウェアを一体化させたストレージアプライアンスとして提供する。

 同製品最大の特徴は、既存のシステムへの導入や追加構築が容易なこと。業界標準のネットワーク・ファイルアクセス・インターフェースを採用しアーカイブ機能を備える、さまざまなミドルウェアとの連携が可能だ。また、ノード障害発生時にもデータアクセスが可能な設計となっている。コンテンツの原本保証と機密保持のための機能も実装した。

 価格は、シングルノード構成で1280万4120円から。8月下旬から出荷する。クラスタノード構成は2929万5000円から。10月下旬から出荷する。

 今回の発表で日立は、コンテンツを長期に渡って安全に保管するソリューションの提供も開始する。これは、オープンテキストの企業コンテンツ管理ソフトウェア「Livelink ECM-Archive Server」や日立の文書管理基盤「DocumentBroker」のアーカイブ機能と連携したソリューションとなる。

 ソリューションラインは3つで、それぞれメールデータ/SAP ERPデータ/文書データのアーカイブに特化したソリューションとなる。

 ソリューションの価格は個別見積り。8月下旬から順次出荷する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから