アシスト、IT全般統制の運用状況評価を支援するモニタリングツール提供

CNET Japan Staff 2007年06月04日 08時54分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アシストはこのほど、内部統制におけるIT全般統制の遵守状況をログ情報をもとに評価・報告するモニタリングツール「監査れポータル」の提供を7月1日に開始すると発表した。

 同製品は、さまざまなシステムから出力されるログ情報をもとに、IT全般統制の遵守状況を自動的に評価・報告するツール。アシストのノウハウに有識者からのアドバイスや顧客企業からのヒアリング結果を加え、あらかじめ標準的な評価項目を用意した。

 許可のないシステム利用やシステム変更といった統制項目への違反状況は、アラートとともに、担当者が識別可能なシステム名や利用者名で表示され、ドリルダウンによる操作で簡単に確認できるという。ユーザー権限も柔軟に設定できる。

 6月1日からパイロットユーザー数社に評価版を提供し、7月1日から正式に販売を開始する。2007年末までに「監査れポータル」単体で50社への導入を目指す。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
運用管理

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!