CTCSP、VMWare対応の全仮想マシン保護・災害対策ソリューションを販売

CNET Japan Staff 2007年06月04日 09時11分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 シーティーシー・エスピー(CTCSP)はこのほど、米Double-Take Software製リアルタイム・データレプリケーション(複製)&フェイルオーバ・ソフトウェア「Double-Take」の新ラインアップ「Double-Take for VMware Infrastructure」の販売を6月上旬に開始すると発表した。

 同製品は、VMware ESX上で稼動する仮想マシン群の災害、障害回避を目的とした災害対策環境を実現するソフトウェア。VMware Infrastructure環境内に構築された標準のWindowsサーバ上で稼動する。

 保全対象となる仮想マシン群は、Double-Take for VMware Infrastructureクライアントを介して一元的に集中管理することが可能。仮想マシン上で発生する更新I/Oは常時モニタリングされ、定期的にリカバリサイトに同期複製される。

 VMware ESX Server Version3.0.1およびそれ以降、VirtualCenter version2.0.1およびそれ以降に対応する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!