KNSLとワイズノット、OSS利用の仮想化技術によるサーバレンタルで協業

CNET Japan Staff 2007年06月04日 08時37分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 KDDIネットワーク&ソリューションズ(KNSL)とワイズノットはこのほど、オープンソースソフトウェア(OSS)を利用して構築した、仮想化技術によるレンタルサーバサービスの提供で協業を開始した。

 今回の提携で両社は、3つのサービスをラインアップする。VPS (Virtual Personal Server)による仮想レンタルサーバサービス、専用レンタルサーバサービス、およびフルカスタマイズのマネージド・サーバサービスだ。

 サービス開始にあたりKNSLは、東京大手町データセンターを利用したインフラを提供する。一方のワイズノットは、仮想化技術によるシステム構築を担当する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
運用管理

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?