エクセルソフト、Javaアプリケーションを高速・最適化するツールの最新版

WebBCN (BCN) 2007年06月04日 12時20分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 エクセルソフト(渡辺光敏社長)は6月1日、JavaアプリケーションをWindows用やLinux用に高速・最適化するJava開発ツールの最新版「Excelsior JET 5.0」を発売した。

 JavaアプリケーションやコンポーネントのクラスファイルをWindows上ではEXEやDLLファイルに、Linux上では実行ファイルや共有オブジェクトに変換。変 換したネイティブコード実行ファイルは、Javaのクラスファイルよりも高速に 動作する。また、日本語インストーラーを含む12か国語のインストーラーを作 成できる「JetPackII」も搭載し、「Excelsior JET 5.0」で作成したアプリケー ションを無料で配布できる。

 最新版では、新しいデプロイ技術「Java Runtime Slim-Down」を採用し、ダ ウンロードサイズと作成するJava SEアプリケーションのディスクフットプリ ントを大幅に減少。さらに、JETオプティマイザとJETランタイムを強化し、新 しいループの最適化、高速な浮動小数点演算、高速なメモリ・アロケーション などのパフォーマンスを向上させた。

 価格は、「Excelsior JET 5.0 スタンダードエディション英語版」が18万37 50円、「同プロフェッショナルエディション英語版」が34万5540円、「同エン タープライズエディション英語版」が66万8850円。すべてWindows版とLinux版 があり、1年間の無償アップグレードを含むスタンダードサポートが付属する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?