サイバーテック、XML DBを利用した製造業向けコンテンツ管理ソリューション

柴田克己(編集部) 2007年06月04日 21時07分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サイバーテックは6月4日、XML技術を利用した製造業向けのコンテンツ管理ソリューション「文書工房」を発表し、同日より受注を開始した。

橋元賢次氏 サイバーテック代表取締役社長の橋元賢次氏。

 サイバーテックはXMLデータベース「Cyber Luxeon(サイバー・ラクセオン)」のメーカー。代表取締役社長の橋元賢次氏は、「XML DBは現在の市場において、まだアーリーアダプターに使われている段階。アーリーマジョリティとの間にあるキャズム(溝)を超えて、より広く利用してもらうためには、XML DBの最も強い分野でのソリューションを分かりやすい形で見せることが必要だと考えた」と文書工房の開発経緯について説明した。

 「文書工房」は、製造業での利用に特化しており、更新されていく製品情報と関連ドキュメントをXML DB上で自動的に紐づけて管理できる点が特長。図面、手順書、カタログといった多様なコンテンツの管理を効率化し、再利用を容易にする。

 サイバーテック、マーケティング・コミュニケーション部の小野雅史氏によれば、製造業の中でも、特に多品種少量生産を中心とした展開を行っている中堅規模の企業をターゲットに展開していくという。

 「文書工房は、フルスクラッチや汎用PLMパッケージのカスタマイズではオーバースペックだが、レディメイドのパッケージでは対応できない規模の業者をターゲットとする。現場の意見を反映するためのプロトタイプで仕様を決めつつ、並行してシステム設計が行えるため、(フルスクラッチや汎用パッケージのカスタマイズと比較して)システム開発期間の短縮やコスト削減が可能になる」(小野氏)

 「文書工房」の基本セットにはXML DB「Cyber Luxeon」、ウェブアプリケーションモジュール、システム化コンサルティング、XMLデータ設計サービスが含まれる。価格は745万円(税別)より。逆引き検索機能付きSP(Sales Portal)モジュール、製品自動特定機能付きEP(Engineer Portal)モジュール、AP(Admin Portal)モジュールなどの基本モジュール類やハードウェアをベースとしたカスタマイズ開発は別料金となる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?