アシスト、ウェブレポーティングツール「WebFOCUS」新版7.6.1を提供へ

CNET Japan Staff 2007年06月05日 11時11分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アシストは6月4日、米Information Builders製ウェブレポーティングツール「WebFOCUS(ウェブフォーカス)」の新版となる7.6.1の提供を6月20日から開始すると発表した。初年度メンテナンス料を含む価格は139万8600円から。

 WebFOCUSは、さまざまな部門の業務担当者が日常的かつリアルタイムに必要な情報を活用するための仕組みを実現するツール。企業内外に分散する基幹システムやデータウェアハウス上のさまざまなデータに透過的にアクセスできる。

 新版では、ウェブサイト開発手法であるAjaxを導入。訴求力の高いレポート/グラフ作成機能を強化した。また、利用者向けには「パワーペインタ」機能が追加され、システム部門に依頼しなくても担当者が自由にレポートやグラフを含めた帳票を作成できるようになった。PowerPointへの出力にも新規対応した。

 対応OSは、Windows 2000 Server、Windows 2003 Server、AIX、HP-UX、Solaris、Linux。対応データベースは、Oracle、Microsoft SQL Server、DB2 UDB、HiRDB、Sybase、Informix、MySQL、ODBC、DB2、IMS/DB、VSAM、ADABAS、CA-Datacom、Netezza、CA-IDMS、Teradata、DB2/400など。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR