NetIQ、Active Directory向け管理・監査ツールを出荷--作業効率向上にも

CNET Japan Staff 2007年06月06日 09時54分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NetIQは6月5日、WindowsのディレクトリサービスであるActive Directory(AD)の管理と監査を可能にする製品「Directory and Resource Administrator(DRA)」の出荷を開始した。価格は1シートあたり25万6000円。

 DRAは、AD上で使用できる「権限」を300以上に細分化し、業務に必要な最低限の権限を担当者別に付与できる仕組みを提供する。いくつかの権限をあらかじめ「役割」として定義しておけば、複数の担当者に対して容易に権限を委譲できるようになる。

 これらの操作は、監査用のログによって記録される。

 NetIQでは、管理面だけでなく、作業の効率を上げたり、作業ミスを削減したりするといったツールの価値も売り込みたい考えだ。

 ADは、ユーザーのIDやパスワード情報、ユーザーが所属するグループ情報、サーバ、コンピュータ、およびプリンタといった機器の情報、それにExchangeメールのようなサービスの情報など各種重要情報が保管されている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
OS

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!