ターボリナックス、KNOPPIX Eduとのデュアルブート可能なwizpyを発売

目黒譲二 2007年06月06日 11時09分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ターボリナックスは6月5日、PCソフトウェア一式を持ち運ぶことができる携帯OS機能と、動画や音楽再生などマルチメディアプレーヤー機能を持つLinux携帯デバイス「wizpy」に、Linux OS「KNOPPIX Edu」を組み合わせた「wizpy KNOPPIX Edu6 Edition」を、6月22日から全国の量販店とオンラインショップで発売すると発表した。発売に先駆け「Turbolinuxオンラインショップ」で5日から予約を開始した。

 wizpy KNOPPIX Edu6 Editionは、オープンソースを活用した学習選択肢の多様化や、既設のソフトウェアサポート切れPCの再生など、教育現場のニーズに応える製品。PCにUSB接続をするだけでLinuxが起動し、学校でも家でも同じ環境が手軽に構築できる。

 wizpyに標準で搭載されている各種アプリケーションに加え、プログラミングやデーターベースなど高度な技術演習環境を手軽に実現するKNOPPIX Edu6をデュアルブートで搭載する。単体ではマルチメディアプレーヤーとして利用できるため、ネット上にある動画や音楽、音声などの教材を取り込んで、移動時などオフラインの際にも有効に活用できるという。

 本体サイズは84mm×42mm×12mm、重量は50g。内蔵のフラッシュメモリは4Gバイトで、ユーザー領域は2.2Gバイトとなっている。初回の出荷は2000台限定で、カラーはソリッドホワイト、背面に「wizpy KNOPPIX Edu6 Edition」のロゴが入り、操作ボタンのフレームにはロゴ色と同じグリーンが採用されている。

 標準価格は3万7800円。学校のクラスやゼミで一括の導入が見込まれることから、まとまった台数を対象にボリュームディスカウント製品も用意している。10台を一括導入する場合の10アカデミックボリュームディスカウントが33万8000円、50台を一括導入する場合の50アカデミックボリュームディスカウントが160万6500円となっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから