エイサー、レノボを抜いて世界第3位のPCメーカーに--2007年第1四半期調査

文:Erica Ogg(CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2007年06月06日 12時42分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2007年の第1四半期には6200万台のPCが出荷されたが、そのなかで最大の話題をさらったのは、そのうちの400万台強を出荷した会社だ。市場調査会社iSuppliによると、Acer(本社:台湾)がPC市場で6.8%のシェアを獲得し、世界第3位の座につけたという。

 2006年第4四半期に東芝を抜いてノートPCの販売台数世界第3位の座に浮上したAcerは、今回はさらにLenovoからシェアを奪った。中国のLenovoは、コンピュータの世界合計シェアでAcerに0.4%ポイント及ばなかった。

 iSuppliのレポートによると、Acerは上位5社のPCサプライヤーのなかで最も大きな成長を遂げたという。同社の出荷台数は、前年同期の290万台から45.8%増え、420万台となった。

 引き続き市場シェアでトップの座についたのは、シェア17.2%を獲得したHewlett-Packard(HP)だった。これに続くDellのシェアは14.4%だった。Dellは2位につけたものの、トップ5社のなかで唯一、2006年第1四半期に比べてシェアを落としている(同社は7%近くのシェアを落とした)。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?