大塚商会、中堅企業の内部統制の仕組み作りをサポートするサービスパック

WebBCN (BCN) 2007年06月06日 13時11分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 大塚商会(大塚裕司社長)は6月5日、中堅企業向けに内部統制の仕組み作り をサポートするサービスパック「内部統制Easy Introduce Pack」を6月6日か ら順次発売すると発表した。

 提供するのは、内部統制の大きなポイントとなる「IT基盤統制」「文書管理」 「業務統制」の3種類。中堅企業はこれらのサービスを導入することで、企業 の統制活動における教育、設定書の作成、運用手順書・マニュアルの作成など の負担を軽減できる。

 「IT基盤統制パック」は、IT基盤の中でも、ログ管理・IT資産保全・本人認 証に着目し、統制レベルの向上と日常的モニタリングの運用を支援。効率的な 管理とセキュリティの強化を実現する。価格はログ監視が238万3800円から、IT資産保全が164万2000円から、本人認証は168万7000円から。提供開始は6月6日。

 「文書管理パック」は、文書を効率よく管理するための製品で、文書作成か ら文書の検索・共有、セキュリティ強化により適切な文書管理を実現し、内部 統制構築後の運用テストなど監査業務まで支援する。価格は861万2400円から。 提供開始は6月6日。

 「業務統制パック」は、内部統制の観点で統合型基幹業務システム「SMILEi e」の教育を実施することで統制を強化する。内部統制を有効とするためのSMI LEieの活用方法などの機能教育と、「内部統制とは」といった従業員への啓蒙 教育を支援する。価格は37万円からで、提供開始は7月下旬の予定。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
運用管理

関連ホワイトペーパー

SpecialPR