富士通とSAP、SOA分野で協業を強化--SAP製品の試行/検証システムを販売

ニューズフロント 2007年06月07日 14時36分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 富士通とSAPジャパンは6月7日、サービス指向アーキテクチャ(SOA)分野で協業を強化すると発表した。  両社は、東京都大田区の富士通ソリューションスクエア内にエンタープライズSOAインテグレーションセンターを設置。両社の技術者およびコンサルタントによる専門チームを結成し、SAPソリューション導入に対する企画、提案、サポート活動を展開していく。

 また、SOA試行/検証システム「SAP Discovery System」提供により、SAP製品普及に取り組む。SAP Discovery Systemは、富士通のPCサーバ「PRIMERGY TX200」、SAPの統合アプリケーションプラットフォーム「SAP NetWeaver」および統合基幹システム「SAP ERP」で構成するシステム。体験シナリオを10数種類用意しており、SAPソリューションの本格導入前にSAPシステムを評価できる。価格は150万円からで、2007年7月に出荷を開始する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR