日本BEAシステムズ、経営体制の強化を発表--元オートデスクの志賀徹也氏が社長に就任

CNET Japan Staff 2007年06月06日 23時13分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本BEAシステムズは6月6日、同社の代表取締役社長として志賀徹也氏が2007年6月6日付けで就任したことを発表した。志賀氏は、BEA Systems米国本社のバイスプレジデントも兼務する。なお、代表取締役の廣川裕司氏は、営業担当役員として、引き続き営業強化と顧客満足度の向上に専念する。

 志賀氏(1947年、福島県生れ)は、1970年に早稲田大学理工学部電気工学科卒業後、日本電子に入社。1975年に日本ディジタルイクイップメントに入社し、要職を歴任。1995年からは、アップルコンピュータで代表取締役社長およびApple本社のワールドワイドセールス担当バイスプレジデントを兼任した。

 1997年7月から2007年2月までは、オートデスクで代表取締役社長およびAutodesk本社のバイスプレジデントを務め、業種別ソリューションの導入、パートナチャネルビジネスの刷新、新規顧客開拓などを展開。国内ビジネスの拡大に貢献した。

 日本BEAシステムズでは、グローバル企業での豊富なマネジメント経験と実績を持った新社長のもと、経営体制を強固にすると共に、国内の営業およびサポートサービス体制を拡充する。また、顧客の多様なニーズに応えるべく、ビジネスとITの融合を迅速に実現するオープンで堅牢なIT基盤とソリューションの提供を加速するとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR