NEC、IP電話やLANのシステムを機器、回線ごと提供する従量課金サービス

ニューズフロント 2007年06月07日 16時39分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NECは6月7日、LANやIP電話といった社内ネットワークのシステム、機器、回線を従量課金方式で一括提供する「オンデマンド型ネットワークサービス」を開始した。導入企業は通信設備を資産として保有する必要がなく、組織再編やM&Aといった経営変化に合わせて、社内ネットワークを柔軟に変更できるという。

 オンデマンド型ネットワークサービスでは、顧客の需要にあわせ「事業所内LAN」「事業所間WAN」「企業内電話」の3プランを用意する。事業所内LANでは、NECが顧客企業のオフィスにLANを構築し、LANポート単位で従量課金する。事業所間WANでは、事業所の収容回線単位、収容チャネル単位、または端末1台単位の従量課金でサービスを提供する。

 企業内電話はNECのデータセンターにSIP対応テレフォニーサーバを設置し、事業所間WAN、事業所内LANを組み合わせてIPセントレックスシステムを構築する。電話機1台単位で従量課金する。いずれもネットワークインフラシステムの設計、構築に加え、ルータやスイッチといった機器のレンタルと保守、サービスデスクの提供、システム障害の監視を手がける。第1号顧客としてオムロンが導入を決めた。NECは今後3年間で30社への導入を目指す。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?