富士通、海外とIP-VPN接続できる「FENICS グローバルVPNサービス」開始

CNET Japan Staff 2007年06月08日 10時10分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 富士通は6月7日、国内外の通信事業者と連携し、167の国や地域とネットワーク接続ができる「FENICS グローバルVPNサービス」の提供を開始した。

 同サービスでは、国内外の通信事業者との契約、機器準備などの対応を富士通が一括して引き受け、ネットワーク構築の費用負担を削減したうえで、インターネットVPN接続とIPネットワークを活用したIP-VPN接続を提供する。

 サービスメニューには、出張先やホテルから電話回線などでVPNに接続できるサービスや、海外事業所とウェブ会議が可能なシステムなども用意されている。

 提携する通信事業者は、英BT、米Verizon Business、米Virtela Communications、および国内通信事業者のNTTコミュニケーションズ、KDDI、ソフトバンクテレコム。

 今後3年間で40億円の売り上げを目指す。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR