米ノベルと仏キャップジェミニ、OSSとプロプライエタリのミックスソースで提携

CNET Japan Staff 2007年06月11日 12時10分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 仏Capgeminiと米Novellはこのほど、オープンソース・ソフトウェアとプロプライエタリ・ソフトウェアを組み合わせた新たなソリューションを提供するために提携すると発表した。

 今回の提携でCapgeminiは、NovellのSUSE Linux Enterpriseプラットフォームとミックスソースのアプリケーションや管理ツールを活用したITソリューション提供ビジネスを加速する。データセンターにおける仮想化や管理機能とともに、サーバやデスクトップ分野でもソリューションを提供する意向だ。

 Novellのオープンソース・ソリューションは、Capgeminiのオープンソース・サポートサービスセンター商品(OSSPartner)としてサポートされる。一方のNovellも、Capgemini向けにレベル3のサポートを提供する。

 両社は、統合された開発ツールとアプリケーションスタック、Linuxデスクトップに基づくエンドユーザー・ソリューションの導入、およびデータセンターにおける仮想化と管理の3つの分野に注力してビジネスの拡大を図る。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?