日立電線のIP-PBX「AquaVocal」とジュニパーの「SSG5」シリーズが連携

CNET Japan Staff 2007年06月11日 12時20分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日立電線は6月8日、同社のオールインワンIP-PBX「AquaVocal」とジュニパーネットワークスのUTMアプライアンス 「ジュニパーネットワークス・セキュア・サービス・ゲートウェイ(SSG)5」シリーズの動作連携を確認したと発表した。

 AquaVocalは、200ユーザー以内の中小規模のオフィス向けに、電話をIP化するための機能を1台に集約したオールインワンIP-PBX。一方のSSG5シリーズは、中小規模のオフィス向けにファイアウォール機能やアンチウィルス機能、VPN機能などをオールインワンで提供するアプライアンス。

 日立電線では、今後もAquaVocalと連携するソフトウェアやアプリケーションの検証を進め、中小規模オフィス向けIP-PBX市場におけるシェアの拡大を目指す。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!