アドベントネット、ウェブベース生産性ソフト「Zoho」日本語版を本格提供へ

目黒譲二 2007年06月11日 20時56分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アドベントネットは6月11日、オンラインコラボレーションツール「Zoho」シリーズの日本語版サービスの提供を本格的に開始すると発表した。

 Zohoは、表計算ソフトやワードプロセッサ、プレゼンテーションツールなど、Office系ツールをはじめとするさまざまなツールをウェブブラウザ上で利用できるオンラインツールのシリーズ。個人利用の場合は無料で利用できる。

 アドベントネットでは現在、「Zoho CRM」「Zoho Mail」などを日本語ベータ版で提供している。5月に日本語ベータ版を公開した表計算ソフト「Zoho Sheet」に続き、ワードプロセッサ「Zoho Writer」、プレゼンテーションツール「Zoho Show」など、Office系製品である「Zohoオフィススイート」を順次日本語化し、夏までに国内のユーザーに日本語環境でZohoサービスを提供するとしている。

 また、企業ユーザー向けに、MKIネットワーク・ソリューションズと共同で、ホスティングサービスとしてZohoを提供していく計画も進めているという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?