MDIT、統合ログ管理と連携のメールアーカイブ「LogAuditor Mail Saver」販売へ

CNET Japan Staff 2007年06月12日 13時45分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 三菱電機インフォメーションテクノロジー(MDIT)は6月11日、大量なログデータ(履歴)を証跡として収集・蓄積し、分析を可能にする製品シリーズ「LogAuditor(ログオーディター)」に、メールアーカイブソリューション「LogAuditor Mail Saver(メールセーバー)」を追加すると発表した。

 新製品は、企業内のメールを一元的に蓄積し、検索が可能なメールアーカイブソリューション。メールを長期に蓄積することが可能で、大量電子メールの柔軟で迅速な取り出しを実現する。LogAuditorシリーズによる統合ログ管理との連携でコンプライアンス推進を支援することも可能だ。

 価格は367万5000円より。6月15日から販売を開始し、年間100システムの販売を目指す。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
運用管理

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!