Apollo改めAIR、Dreamweaverで開発可能に

大野晋一(編集部) 2007年06月12日 16時12分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Adobe Integrated Runtime(AIR)をAdobe Dreamweaver CS3で開発するための拡張機能「Adobe AIR Extension for Dreamweaver Beta 1」がAdobe Labsで公開された。Dreamweaver内でAIRアプリケーションのパッケージングやプレビューが可能となる。

 AIR Extension for Dreamweaverを使えば、ウェブサイトを作った経験のあるデザイナーやコーダーが、これまでと同様のやり方でデスクトップアプリケーションを作成になる。CやC++、Javaといった「難しい」言語を学習することなくデスクトップアプリケーションが作成可能なAIRの特徴を強力にサポートするものだ。アドビの用意するドキュメントでもHTMLコーダーのための解説が用意されている。

 AIR Extension for Dreamweaverの利用にはWindows XP、Vista、Mac OS X 10.4とDreamweaver CS3が必要。CS3より前のバージョンではサポートされない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?