配属されたら、知っておきたい情報セキュリティ(4)--(新着ブログより)

呉井嬢次 2007年06月12日 16時23分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 体と頭が新しい職場に馴染まないが故に、期待されることがある。今回は、発売前の製品評価を取り上げる。ここで説明する製品とは、ハードウエアに限定せず、ソフトウエア、サービスにも共通点は多い。製品評価を行った新入社員に聞くと、発売前の製品の内容を誰かに話したくなるという。でも、しゃべる前に、ちょっと待って欲しい。

 製品の評価版が市場に出るとは限らない

 発売前の評価、テスト段階で、製品の仕様を変更することは珍しいことではない。自社製品の評価版の感想が正しくても、実際に発売された製品には、機能仕様が変更・削除されれば、感想も変わってくるだろう。メーカーの社員の者が製品に関する発言をすれば、顧客に誤解を与え、会社への信頼を失うことになりかねない。

 そんなリスクがあるなら、新入社員に製品の評価テストを依頼しなければ良さそうなものだ。でも、製品に対する知識がゼロに近い状態、つまり、顧客に近い立場で評価してもらうには新入社員は都合が良い。

(全文はこちら--「ITセキュリティー下学上達」)

■関連ブログ:「配属されたら、知っておきたい情報セキュリティ(3)
■関連ブログ:「配属されたら、知っておきたい情報セキュリティ(2)
■関連ブログ:「配属されたら、知っておきたい情報セキュリティ(1)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!