マイクロソフト、Virtual Server 2005 R2 SP 1日本語版を提供開始

CNET Japan Staff 2007年06月12日 23時30分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マイクロソフトは6月12日、「Microsoft Windows Server 2003」日本語版上で仮想的なハードウェア環境を実現する「Microsoft Virtual Server 2005 R2 Service Pack 1 日本語版」(Virtual Server 2005 R2 SP1)の提供を開始した。同社ウェブサイトから無償でダウンロードできる

 Virtual Server 2005 R2 SP1は、ゲストOSとしてx86版のWindows Server 2008およびWindows Vistaをサポート。プロセッサに搭載されたAMD Virtualization(AMD-V)およびIntel Virtualization Technology(Intel VT)のハードウェアアシスタントもサポートした。

 マイクロソフトでは、幅広い分野での仮想化環境の提供を可能にするとともに、ゲストOSとしてのWindows Server 2008サポートを通して、Windows Server β3の評価、検証作業を推進したい考えだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR