マイクロソフト、Windows Home Serverの製品候補版をリリース

文:Ina Fried(CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2007年06月13日 17時25分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftの「Windows Home Server」が、リリースに向け一歩前進した。

 Microsoftは米国時間6月12日、「Windows Home Server」の製品候補版をリリースした。Windows Home Serverは「Windows Server 2003」をベースにカスタマイズしたバージョンである。同社は正式版を2007年中にリリースする予定。Microsoftは、多数のPCが置かれるようになった家庭向けに、増大するメディアファイルの山を管理するための選択肢として同製品を投入する計画だ。

 Microsoft会長のBill Gates氏は、1月に開催されたConsumer Electronics Show(CES)で同製品の計画を発表した。そこでは、同氏は、Hewlett-Packard(HP)がWindows Home Serverをベースにした製品を開発すると述べていた。同社は5月のWindows Hardware Engineering Conference(WinHEC)で、これにGatewayとMedionがパートナーとして参加することを発表した。

 Microsoftは、Windows Home Serverのテストに興味のある人は、同社ウェブサイトから登録することができると述べる。10万人以上の人がすでに同製品をこれまでのバージョンでテストしている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
OS

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!