グループ企業のeラーニングを一括管理--リコーソフト「Learn@Stage」

ニューズフロント 2007年06月14日 17時10分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 リコーソフトウエアは、リコーグループ内に提供してきたeラーニングシステムを商品化し、6月15日より「Learn@Stage」として外部企業に発売する。リコーの国内関連会社91社、延べ26万人の従業員に対する実践ノウハウをもとに、システム企画、設計、開発、導入、運用管理を一貫して行う。

 Learn@Stageは、ウェブブラウザを利用したサーバ/クライアント型のeラーニングシステムで、従業員が数百人規模の企業から、数万人規模の企業グループにまで対応する。国際規格SCORM2004に準拠した学習管理システム(LMS)を搭載。多段階で管理者権限を設定し、従業員の成績を「グループ会社すべて」「会社ごと」「所属部署ごと」といった単位で管理できる。

 またグループ内の人事異動に伴う学習履歴の自動引き継ぎ、退職や現場復帰にあわせた学習履歴の停止/復活など、人事管理と連携した機能も備える。

 学習コンテンツとしては、情報セキュリティ管理システム(ISMS)やインサイダー取引に関するものをあらかじめ用意する。顧客の要望に応じて、ストーリー性を持たせたりロールプレイの要素を取り入れたコンテンツも提供する。

 動作環境はサーバ側のOSがWindows Server 2003、クライアント側はWindows 2000 ProfessionalおよびXP。対応ウェブブラウザはInternet Explorer 6.0/7.0またはFireFox 2.0。価格は企業グループ全体でのサーバライセンスが税別300万円。企画から保守までの一貫サービスは個別見積りで提供する。リコーソフトは初年度100社への販売を目指す。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
運用管理

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?