グローバルサイン、IPアドレスなしでも独自ドメインSSLが利用可能なサービス

目黒譲二 2007年06月15日 09時09分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 GMOホスティング&セキュリティグループのグローバルサイン(旧日本ジオトラスト)はこのほど、GlobalSignブランドから「NonIP SSL」の販売を開始した。グローバルサインのパートナーを通じ、それぞれのパートナーのサービスとして販売する。

 NonIP SSLは、個別のIPアドレスが割り当てられていない“名前ベースのバーチャルドメイン”であっても、SSLサーバ証明書が利用可能になるサービス。

 従来、独自ドメインでSSLサーバ証明書を利用するには、ウェブサイトごとにIPアドレスが必要だったが、同サービスにより、IPアドレスなしでも独自ドメインSSLが利用可能になる。

 また、既存のウェブサーバ構成に変更を加えることなくSSL通信を付加することができるため、上位のプランへ契約を変更し、サーバを一から構築し直す必要がないという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウドコンピューティング

関連ホワイトペーパー

SpecialPR