「Boot Camp」のスリープ機能はなにゆえ撤回されたのか(新着ブログより)

Jason D. O'Grady(PowerPage.org) 2007年06月15日 11時42分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米国時間6月12日の「Worldwide Developers Conference(WWDC)」で、AppleのIntelベースマシン向けのWindows/Macデュアルブートアーキテクチャ「Boot Camp」に関する非常に興味深いニュースを耳にした。更新される前のApple公式サイトのBoot Campページによると、同社は間もなくリリースされる「Mac OS 10.5/Leopard」に合わせてBoot Camp技術を大きく変更したという。

 Mac OSを完全にシャットダウンしてWindowsをコールドブートする代わりに(この作業には15〜20秒かかることがある)、Mac OSを「スリープ」状態にし、Windowsにログインできるようになったというのだ。

(全文はこちら--「J. O'Gradyのアップルコア」)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
OS

SpecialPR