Windows版「Safari 3.0」にまた脆弱性

文:Robert Vamosi(Special to CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2007年06月15日 15時30分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 セキュリティ専門家のRobert Swiecki氏が米国時間6月13日、「Safari 3.0 for Windows beta」内にまた新たな脆弱性を発見た。これで公表された脆弱性は合計9件となった。このたび公にされた脆弱性は、クッキーの盗難を可能にするものである。問題は、Javascriptのwindow.setTimeout()の実装にあり、Window.locationプロパティの変更後に、タイマーで呼び出された機能が処理される。

 Safari 3.0のその他の脆弱性について、Appleは14日、公表された脆弱性9件のうち3件を修正したアップデート版をリリースしている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから