xfyラプソディ--第4番:外部データベースのすすめ

福田昌弘 2007年06月20日 08時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「データベース」と呼ばれるデータの入れ物が、あらゆる場所に存在している。仕事場のデスクの横にあるマシンにデータベースを作り、顧客情報やサポート情報を管理している読者もいるだろう。

 データを簡単に作成して、データベースに収められるようになったら、それをさまざまな視点で分析しなければもったいない。xfyには、外部データベースへの問い合わせを実行するコンポーネントが用意されている。このコンポーネントを使えば、データベースから返された結果を、xfyで作成するドキュメント上で利用できる。さあ、「第4番:外部データベースのすすめ」が開演だ。

Databaseコンポーネントをインストール

 xfyでは、Databeseコンポーネントを使うことで、外部データベースへの問い合わせが実行できる。この操作はクエリとも呼ばれるものだ。Databaseコンポーネントでは、ウィザード形式でXQueryやSQLの問い合わせ内容が作成できる。

 ちなみに、Databaseコンポーネントは、対象となるデータベースシステムごとに用意されている。現在xfyが対応しているデータベースシステムは、IBM DB2 9とOracle Database 10gの2システムだ。

 実際にDatabaseコンポーネントを利用するためには、xfy Serverシステム管理ツールを使ってDatabaseコンポーネントのパッケージを登録し、xfy Enterprise Clientに配信する必要がある。なお、xfy Serverシステム管理ツールの起動方法などは、すでに「第2番:コンテンツデザイン(その1)」で示しているので、詳細についてはそちらを参照してほしい。

xfy04_01 xfy Serverシステム管理ツールによるパッケージの配信管理。(画像をクリックすると拡大表示します)

 たとえば、IBM DB2 9用のDatabaseコンポーネントを収めたパッケージ「xfy-adpt-db2_1_5_1_0.zip」を登録するときには、[パッケージの登録]ボタンをクリックして、表示された[パッケージの登録]画面でそのフルパス名を指定する。このようにしてパッケージを登録しておくことで、xfy Enterprise Clientの起動時に自動的にパッケージの内容が配信され、インストールされる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?