富士通、防衛搭載システム用リアルタイムJava「PERC」を国内出荷

CNET Japan Staff 2007年06月20日 08時32分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 富士通は6月19日、米Aonix North Americaと協業し、同社製防衛搭載システム用リアルタイムJava「PERC(パーク)」を国内で販売すると発表した。

 PERCは、防衛搭載システム向けのJava仮想マシン。防衛搭載システムに必要なソフトリアルタイム機能を提供し、従来のプログラミング言語であるAdaやC/C++による開発に比べて、より高いプログラムの生産性と容易な保守性で、システムのトータルライフサイクルコストの削減が可能になるという。

 ロッキードマーチンのイージス護衛艦のソフトウェアアップグレード計画や米国防総省と米陸軍で進めている将来戦闘システム構想(Future Combat System:FCS)、ボーイングの統合無人空中戦闘システム(Joint Unmanned Command Air Systems:J-UCAS)などですでに採用されている。

 富士通は、防衛搭載システムについて、ハードウェアからOS、アプリケーション、SI、ソフトウェア開発環境までをワンストップで提供している。今回の協業でPERCを防衛分野のSIビジネスに適用するとともに、防衛関連企業への販売も見込む。

 防衛搭載システムは、航空機、艦艇、車両などに搭載されるシステムで、戦術支援および指揮統制に使用されるコンピュータや、搭載電子機器から構成される。

 Aonixは、防衛および航空、運輸分野のミッションクリティカルなシステムに適用可能なリアルタイムJava技術を得意とする企業。従来の、米国防総省が採用した組み込みシステム向けの開発言語であるAdaでも大きなシェアを持っているという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR