MBSDとNSAT、「Sourcefire Intrusion Sensor」のオンサイト保守で協業

CNET Japan Staff 2007年06月20日 09時07分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 三井物産セキュアディレクション(MBSD)とネットワークサービスアンドテクノロジーズ(NSAT)は6月19日、「Sourcefire Intrusion Sensor」製品のオンサイトハードウェア保守サービスで協業すると発表した。

 このオンサイトハードウェア保守サービスでは、MBSDが取り扱う米Sourcefire製「Sourcefire Intrusion Sensor」の法人顧客向けにNSATがハードウェアのトラブル発生時におけるオンサイトサービスを提供する。サービス提供地域は現在東京、神奈川で、将来的には全国展開する予定だ。

 修理申し込み時点から4時間以内の技術者訪問を目標とする。24時間365日体制でサービスを提供する。

 Sourcefireの製品群は企業のリスク管理において「発見」「判断」「防御」という3ステップからなるアプローチを採用しセキュアなネットワークを確保するというもの。

 また、製品群は外部の脅威に加えて、内部でのネットワーク、エンドポイントを保護し、法令順守の観点から内部ネットワークでの不正行為の監視・検知を実施するソリューションも展開しており、エンタープライズにおけるあらゆる脅威を統合的に管理する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから