マイクロソフト、Windows Vista SP1のベータ版を年内にリリースへ

文:Ina Fried(CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2007年06月20日 19時51分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「Window Vista」のデスクトップ検索機能を変更することで合意したことや、Vistaにおける仮想化ソフトへの従来のライセンス制限を堅持する決断を下したことなど、米国時間6月19日の午後は、Microsoftにとっては信じられないほど忙しい時間となったようだ。

 Microsoftはまた、デスクトップ検索機能に関して裁判所に提出した書類の中で、Windows Vista Service Pack 1(SP1)のベータ版を2007年末までにリリースする予定であることを明らかにした。同社はこれまでService Packのリリースについてほとんど述べていなかった。

 書類の中ではSP1の正式版がいつごろリリースされるのか言及されていない。記者は2008年になると予想している。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
OS

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから