オーシャンブリッジとファストサーチ、ウェブ文書公開/社内検索システムの提供で協力

ニューズフロント 2007年06月21日 17時51分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 オーシャンブリッジとファスト サーチ&トランスファは6月21日、新規顧客層の開拓や販売協力に関するパートナー契約を結んだ。オーシャンブリッジのウェブ文書公開システム「Net-It Central」とファストサーチの企業向け検索プラットフォーム「FAST ESP」を組み合わせて提供する。

 オーシャンブリッジのNet-It Centralは、文書ファイルをドラッグ&ドロップするだけでファイルサーバにアップロードし、企業の社内ウェブサイトに公開できる。一方、ファストサーチのFAST ESPは社内文書ファイルの高速検索を行う企業内検索のプラットフォームで、検索クエリと検索対象となる文書ファイルの数を無制限の拡張できる。

 両製品を組み合わせることで、部門単位だけでなく全社規模で社内情報の活用に向けたイントラネットシステムを構築できるという。ファストサーチとオーシャンブリッジは今後、販売およびマーケティングを共同で実施しておく。まずは7月より、共催セミナーを開催する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?