角川クロスメディア、ダブルクリックの「DART」を全国10地域の情報サイト「Walkerplus」に導入

CNET Japan Staff 2007年06月22日 15時35分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ダブルクリックは6月21日、角川クロスメディアが運営する「Walkerplus(ウォーカープラス)」上の広告配信管理技術として「DART for Publishers(ダート・フォー・パブリッシャーズ)」が採用されてことを発表。2007年7月1日より広告配信をスタートする。

 角川クロスメディアが運営する都市情報誌「Walker」シリーズ掲載情報からオリジナルの地域密着情報まで、全国10地域のエンターテイメント情報を提供する「Walkerplus」では、70万人を超える会員およびPV数の増加、およびこれまで自社システムで実施していた広告入稿作業の効率化を目的にDART for Publishersを導入した。

 ダブルクリックのDART for Publishersは、ウェブサイト運営企業向けのASP型広告配信管理サービスウェブサイトにおける広告配信の効率化やネット広告の特徴を生かした詳細な広告掲載レポートの自動作成、広告掲載期間/インプレッション数の任意設定など、広告主の要望にきめ細かく対応できる機能を搭載している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!