日本ラドウェア、アプリケーションアクセラレータ「AppXcel」にWAF機能を追加

CNET Japan Staff 2007年06月22日 15時40分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本ラドウェアは6月21日、同社のアプリケーションアクセラレータ「AppXcel」にWeb Application Firewall(WAF)機能を追加し、2007年7月より販売を開始することを発表した。価格は、WAFライセンスモジュールが261万円(AppXcelハードウェアが別途必要)となる。

 WAFは、クロスサイトスクリプティングやSQLインジェクション、HTTPなどのアプリケーションレイヤーの攻撃を自動的かつ迅速に防御する機能を搭載。正しい通信の特徴を自動的に学習し、運用管理者の負荷を軽減する。

 また、「既知の脆弱性や一般的な攻撃からの保護」「シグネチャベースの保護」「RFC違反などのプロトコル違反からの保護」「ワームからの保護」「ネットワークファイアウォールによる保護」の5つの保護機能により、ウェブアプリケーションを確実に保護することもできる。

 同時にAppXcelの機能も利用可能。AppXcelが持つ、各種アプリケーション高速化機能(SSLアクセラレータなど)と同時に動作させることが可能。パフォーマンスの劣化を最小限にすることが可能。たとえば、ウェブサーバ上で実行されるSSL処理を行いながらWAF機能を動作させることができる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?