ゼータとピーエイ、今さら聞けないビジネスマナーを学べるコンテンツを携帯向けに配信

CNET Japan Staff 2007年06月22日 15時49分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ゼータとピーエイは6月21日、ピーエイが提供する携帯コンテンツ「資格王・受験王」のサービス「もしもしde模試」内のコンテンツ配信「モバイル模擬試験」の「ビジネスエキスパート」において新コンテンツ「ビジネスマナー三大疾患」を、2007年6月21日よりiモード向けに先行配信することを発表した。

 今回、ビジネスマナー三大疾患で配信されるコンテンツは、次の3つ

  • ビジネスマナー編
  • ビジネス文書&メールマナー編
  • 敬語マナー編

 ビジネスマナー三大疾患コンテンツは、新入社員はもちろん、企業で働くすべての社員が今さら人に聞けないビジネスマナーをクイズ形式の択一問題とじっくり読みこなせる解説で配信。個々のスキルアップのための教材としても活用できる。

 現時点では、携帯電話に特化したB2C向けのコンテンツだが、企業内教育用の教材として検討している企業には、IBT(Internet Based Testing)やCBT(Computer Based Testing)など、B2B向けコンテンツとしても提供していく。

 アクセス方法は、ゼータのウェブサイトで紹介されている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウドコンピューティング

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?